マクドナルドの価格変更はたまに行われますが、2019年4月にも値上げが決定されました。
ただし今回の値上げ対象となるのは単品の商品3品のみですので、さほど大規模な値上げではないですね。
大幅値上げとなると影響を受ける人が多いでしょうけれど、3品のみなので一応一安心といったところでしょうか。

ここでは、

  • マクドナルドの2019年春の値上げはいつから?
  • 値上げされる商品一覧
  • 値上げ理由

をまとめてご紹介していきますね。

マクドナルド2019年春の値上げ、いつから実施?

今回のマクドナルドの値上げは、2019年4月10日から実施されます。

値上げされる商品一覧と値段

値上げされる商品は以下の3品です。

  • てりやきマックバーガー
  • フィレオフィッシュ
  • ダブルチーズバーガー

価格はすべて、現在の320円から330円(税込)に値上げとなります。

バリューランチに新価格が追加

てりやきマックバーガー、フィレオフィッシュ、ダブルチーズバーガーの値上げ加え、新価格商品として600円のバリューランチが追加されます。

バリューランチは550円、400円の価格でしたが、600円のセットが仲間入りですね。

600円のバリューランチは、ビッグマック、グランベーコンチーズバーガーに、サイドメニューとドリンクを合わせたセットで、通常価格より90円お得な価格設定となっています。

値上げ理由は?

さて、今回、3商品が値上げされた理由ですが、『メニュー全体のバランスをとるため』『継続的にお客様にお得感を感じていただけるよう』とのことでした。

少しふわっとした理由だと個人的には感じました。

てりやきマックバーガー、フィレオフィッシュ、ダブルチーズバーガーが他メニューに比べて安いので、合わせるために値上げしますよ、と聞こえるのですが、どうなんでしょうね。

〇〇価格高騰のため、とか、人件費高騰のため、などの具体的な理由が欲しい所かもしれません。

まとめ

ここでは、マクドナルドの値上げについて、

  • 値上げ商品一覧と値段
  • いつから値上げ?
  • 値上げの理由は?

以上をお伝えしていきました。

マクドナルドの商品価格は、以前は安いイメージだけがありましたが、最近はそうでもなくなってきたように思います。

価格が安い数種類の商品以外は、他のハンバーガーチェーン店とさほど変わらないですよね。

マクドナルド=安くてお得

というイメージも崩れてきて、今後どのようになっていくのか気になるところです。

高い商品はやはりそれなりにおいしいですし、高いのがダメという訳ではないのですが、マクドナルドのお手頃価格神話も崩れてきているのかも知れませんね。